【精巣捻転.com】〜治療について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
seisounenten★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは精巣捻転の治療について、詳しく説明しています。

精巣捻転症は発症してから6時間以内に治療を行わないと、血流が遮断され陰嚢内の壊死が進行する可能性が高まる為、早期発見と早期治療が求められる病気です。12時間以上経過するとほぼ確実に壊死してしまい、精巣の機能に障害が残存する為、時間との勝負となります。

治療は基本的に手術によって、ねじれた部分を元に戻すことになります。精巣の状態によっては摘出しなければならない場合があります。また片側における精巣捻転であっても、もう片方の精巣に対しても治療を施すことが多いです。これは、一方が捻じれている場合はもう一方も捻じれやすい傾向にあることに対する予防として行われるものです。

実際には手術によって切開して初めて精巣捻転症と診断されることも多く、初見では他の病気と見分けが付かないことが少なくありません。逆に言えば、切開してみると実は精巣捻転でなく他の病気だったということもあります。
どちらにしても、精巣に激しい痛みを感じている場合に何の疾患もないということはありませんので、しっかりと治療してしまいましょう。


⇒ 手術について

⇒ 予防について

sponsored link



【精巣捻転.com】TOP

copyright©2014  【精巣捻転.com】〜精巣捻転症の原因と症状〜  All Rights Reserved