【精巣捻転.com】〜急性陰嚢症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
seisounenten★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは男性特有のその他の病気、急性陰嚢症について詳しく説明しています。

急性陰嚢症とは、突然陰嚢部分に痛みなどの症状が現れる病気の総称です。急性陰嚢症に含まれる病気は以下の通りです。

【急性陰嚢症】
精巣捻転症
精巣炎
精巣上体炎
・精管炎
・精巣打撲
・陰嚢内出血
・精巣垂捻転症
・精巣上体垂捻転症

急性陰嚢症は痛みを伴う有痛性のものを指します。陰嚢症には無痛性の陰嚢内腫瘤もあり、無痛性膨張とも呼ばれます。以下に挙げていきます。

【陰嚢内腫瘤】
陰嚢水腫
・精索静脈瘤
精巣がん
・鼠径ヘルニア

陰嚢水腫や精索静脈瘤、精巣がんなどではほとんどの場合痛みがなく、特に精巣がんで痛みを伴う場合はかなり進行したがんであることが考えられます。
鼠径ヘルニアとはいわゆる脱腸のことですが、腹膜の袋が陰嚢内に脱出することもあります。鼠径ヘルニアは痛みを伴うイメージがありますが、多くの場合痛みは無く違和感や不快感がする程度です。症状が進行すると痛みが強く現れることがあり、この場合は急性陰嚢症と見誤らないよう注意が必要です。


⇒ 陰嚢水腫

⇒ 精巣炎

⇒ 精巣上体炎

⇒ 精巣がん

sponsored link



【精巣捻転.com】TOP

copyright©2014  【精巣捻転.com】〜精巣捻転症の原因と症状〜  All Rights Reserved