【精巣捻転.com】〜精巣がん〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
seisounenten★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは精巣捻転以外の男性特有の病気、精巣がんについて詳しく説明しています。

精巣がんとは、精巣内に腫瘍が出来た状態を言います。精巣内に出来る腫瘍は精母細胞から発生することがほとんどで、その大半が悪性腫瘍ですので、精巣腫瘍はイコール精巣がんとして扱われます。20〜30代の若年層に良く見られますが、発症率は10万人に1人と稀な病気ではあります。ただし、がんの進行は速く他の臓器に転移しやすいため、放っておくと命に関わることのある怖い病気です。

精巣がんの詳しい原因はまだよく分かっていません。しかし、分かっている段階では遺伝によるものや停留精巣、精巣発育不全などの他の病気の影響があると考えられています。

精巣がんの症状は、陰嚢内のしこりや精巣の腫大、硬化などが挙げられ、痛みは伴わないのが特徴です。痛みがある場合もありますが、その場合進行がんの可能性も高まります。がんが転移すると転移した場所によって全身に及ぶ症状が現れます。良くあるケースが腹部リンパ節(後腹膜リンパ節への転移で、この場合は腹部のしこり、腹痛、腰痛などが現れます。

精巣がんの治療は、手術によって摘出するのが基本となります。早い段階で治療が始められる場合は、切除に至らずとも抗がん剤による化学療法や、放射線療法によって治療することもあります。
また、片側の精巣を残すことが出来れば不妊症には至りません。


⇒ 急性陰嚢症

⇒ 陰嚢水腫

⇒ 精巣炎

⇒ 精巣上体炎

sponsored link



【精巣捻転.com】TOP

copyright©2014  【精巣捻転.com】〜精巣捻転症の原因と症状〜  All Rights Reserved